不織布製品企画・製造・販売の株式会社アサクラのスッタフブログ

最近話題のアサクラさん

不織布の㈱アサクラが、オススメ商品・新商品・スタッフの日常などを定期的にご紹介するブログです。

生分解頂上対決!PLA不織布対植物由来の生分解性フィルム、土に埋めたらどちらが先に分解するのか?!【その弐】

こんにちは、アサクラのほつりんです。

第2弾をはじめて早数ヶ月、加水分解を目指して土の温度を上げる為に色々やってみましたが、上手くいきませんでした。(多分)

野菜やごはんなどを埋めたり、米ぬかなども加えてみましたが、加水分解するような温度にはなりませんでした。白いカビ(下記写真)が出たり、埋めた野菜などはきれいに消えたので、分解は行われているはずですが思ったほど温度が上がりませんでした。

f:id:asakuraya:20210826110322j:plain

白カビは、分解してるサインらしいです

 

では、現在の様子をみて見ます。

f:id:asakuraya:20210826111655j:plain

植物由来の生分解性フィルム

f:id:asakuraya:20210826111552j:plain

PLA20g

f:id:asakuraya:20210826111238j:plain

PLA40g

f:id:asakuraya:20210826111655j:plain

植物由来の生分解性フィルム

PLA20gは薄いの一瞬分解してるように見えましたが、ただシワになってるだけでした・・・

 

上手くいかない原因を考えるてみると、おそらくは実験ケースにも問題があるように思います。

分解の様子が分かるように、透明のケースに生地を貼り付けて実験を行っていましたが、プラスチックケースの為、通気性が無いのが良くなかったのではないかと思われます。

コンポストの作り方などを調べてみると、ケースは通気性のあるダンボール使用しているので、思い切ってケースをダンボールに変えてみようと思います。

 

コンポストをサイトを参考に作ってい行きます。

まずは、ダンボールの底を二重にして新聞紙を敷きます。

f:id:asakuraya:20210826134726j:plain

 

 

次にピートモスやくん炭を入れていきます。

f:id:asakuraya:20210826135345j:plain

 

素材は新しいものを用意しました。

f:id:asakuraya:20210826135922j:plain

今回もPLA20g、40g、生分解性フィルムの3種類です。

 

f:id:asakuraya:20210826140506j:plain

ごはんと米ぬかも一緒に埋めて完成です。

 

f:id:asakuraya:20210826141154j:plain

下も風通しをよくした方が良いらしいのこんな感じに (^^)

 

無事にコンポストが完成したので、今後はこちらを観察して行きたいと思います。

問題は埋めた素材がプラスチックケースに比べると確認しにくい事かな・・

 

まめに手入れして、上手く加水分解する様に頑張りたいと思います。

では、次回進展がある事を祈りながら今回はここで終わります。

 最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

PLAなどの素材や加工に関するご質問等ございましたら、お気軽にこちらからお問合せ下さい。

お問い合せ

 

他にも楽しい企画色々やってますので、こちらにも是非遊びに来てください。

不織布製品企画・製造・卸し売りの株式会社アサクラ

 

カットするだけ!不織布の袋がお掃除グッズに!?

 

こんにちは!(株)アサクラのゆっけです!

毎日暑いですねー☀️みなさんは夏バテなど大丈夫でしょうか?

私は先日急にお酢的な飲み物を欲したのでりんご黒酢🍎の

ジュースを買いました!

きっと体がお酢を求めていたんだと思います!

みなさんも水分補給などしっかりとして、この夏を乗り切りましょう〜🏄

 

 

 

さて今回は、みなさんも1度は目にしたことがあるであろう、

ちょっといいカバン👜や洋服👔を買った時についてくる不織布の内袋(PP)

(マチがない平袋で薄くて柔らかいアレです)を

お掃除グッズとして使ってみよう!という企画です。

 

f:id:asakuraya:20210729143443j:plain

 

 

今までなんとなく捨ててしまっていた内袋ですが、

ついに役立つ時が来ました!!

今回は薄手で柔らかいのが特徴の内袋を使い、

クイックルワーパーにつけたら

ちゃんとゴミが絡まって床を綺麗にお掃除できるのか!?

在宅ワークを利用して実際に程よく掃除をしていない自宅←

で試してみました!

 

 

 

 

 

 

それではやってみましょう〜

 

〈  用意したもの  〉

 

f:id:asakuraya:20210729144838j:plain

f:id:asakuraya:20210729144859j:plain

平袋の3辺をカットして2枚にします。

f:id:asakuraya:20210729144944j:plain

 

f:id:asakuraya:20210729145032j:plain

 

クイックルワイパーの大きさに合わせてカットしていきます。

f:id:asakuraya:20210729145111j:plain

 

 

 

全部で8枚もできました!ここまでですでに達成感があります。

さて装着したらゴミはとれるのか、ワクワクです

f:id:asakuraya:20210729145146j:plain



クイックルワイパーに装着します、薄手なので取り付けやすいです♪

f:id:asakuraya:20210729145258j:plain

f:id:asakuraya:20210729145320j:plain

 

 

床に滑らせていきます〜〜、使い心地は既成のシートとまったく遜色ない感じです♪

f:id:asakuraya:20210729145406j:plain

 

裏面を確認してみましょう!!

   ・

   ・

   ・

   ・

   ・

   ・

   ・

   ・  

   ・

   ・

   ・

 

 

 

f:id:asakuraya:20210729145558j:plain

 

うわ〜〜〜〜めちゃくちゃゴミがとれました〜〜

 

写真は汚すぎるので自主規制でぼかしてあります💦

 

ここまで完璧にホコリや髪の毛をからめとってくれるとは!

小さく感動しています😑

 

まだあと7枚もあるので、

定期的にお掃除していこうと思います!

 

 

 

〈  まとめ  〉 

不織布の内袋は柔らかくて薄手なのでクイックルワイパーの

シートの代替品ぴったり!

使用感もよくてしっかりとホコリ髪の毛を絡め取ってくれました!

ワイパー以外にも窓や棚を拭いたりしても使えると思います。

 

はさみでカットするだけなのでとても簡単で、

今まで捨てていたものがお掃除グッズとして

再利用できるのでとても経済的です!!

昨今のSDGsなどの観点からもエコを意識してなるべく

無駄を減らそうという意識が高まっていますし

ただ捨てるだけでなく不織布の特性を生かした再利用が

できるのはうれしいです✨

 

また、内袋以外にも洋服屋さんで試着をする時に

女性が使う不織布のフェイスカバー💄(化粧品で汚さないために顔にかぶる)

なども最近はコロナなどもあり、

お店で捨てるのではなく持ち帰りをお願いしているお店も

増えてきたようですので、

持ち帰ったものを再利用できるんじゃないかな〜と

思いました💡

 

 

みなさんもおうちにある不織布の内袋を使って

ぜひ試してみてはいかがでしょうか?✨

 

最後まで読んでいただきありがとうございました♪

 

 

素材や加工に関するご質問等ございましたら、お気軽にこちらからお問合せ下さい。

お問い合せ

 

他にも楽しい企画色々やってますので、こちらにも是非遊びに来てください。

不織布製品企画・製造・卸し売りの株式会社アサクラ

 

 

 


 

【実験】不織布を燃やすとどうなるの?

こんにちは〜

紫陽花が見頃の季節ですね!(株)アサクラのもち子です!

 

先日、我が家で使えなくなった洋服カバーを捨てようとしたのですが、

家族に不織布って燃えるゴミなの?と聞かれました。

私は何の疑問も持たず、不織布は燃えるゴミだと思っていた次第です!

調べてみると、自治体によって細かい違いはありますが、基本は"燃えるゴミ"とのことでした。フェルトなどは"古布"の分類になるそうです。

 

不思議ですね、不織布の素材はプラスチックがほとんどなのに、燃えるゴミの分類なのです。

では、単純に不織布を燃やすとどうなるの?という疑問が私の中で浮上しました。

というわけで、実験してみようと思います!

 

 

【実験方法】

今回、2種類の不織布を用意しました。

それぞれライターで炙って燃やし、どうなるかを観察します。

 

◉PP不織布…ポリプロピレンでできた一般的なプラスチック素材の不織布。

ポリ乳酸不織布…トウモロコシのでんぷんなど植物由来の素材で作られた環境に優しい不織布。

 

まずはPP不織布から

f:id:asakuraya:20210629110034j:plain

f:id:asakuraya:20210629110046j:plain

 

火を当てた所から徐々に溶けて、丸まっていきました。

燃えた部分はプラスチックが白い塊になっています。

f:id:asakuraya:20210629110134j:plain

 

 

 

 

続いてポリ乳酸不織布

f:id:asakuraya:20210629110122j:plain

 

火を当てた所から溶けて消えた?という感じです。まるで綿菓子かのように。

溶けたところは透明になっていて、特に大きい塊などはありません。

f:id:asakuraya:20210629110142j:plain

 

 

【実験結果】

不織布をライターで燃やすと、火が当たった部分から徐々に溶けていきました。

不織布に直接火がうつって燃えることはなかったです。

燃えた後の違いとしては、

◉PP不織布…溶けた部分は白いプラスチックが塊となって残った

      身体に悪そうな嫌な匂いがする

ポリ乳酸不織布…火を当てた部分は綿菓子かのように溶けて消え、残らない

         ポップコーンのような香ばしい匂いがほのかにする

 

上記のように燃えた後の違いは、プラスチック素材か自然素材かという所にあります!

PP不織布の匂いはいかにも有毒そうな、嫌な匂いがしました。。。

一方、ポリ乳酸不織布は、紙などが燃える匂いと一緒にほのかにトウモロコシっぽい、

香ばしい匂いもしました。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

不織布を燃やす機会はなかなかないので、今回やってみて大変興味深かったです!

また、ポリ乳酸不織布は焼却しても有毒ガスなどは発生せず、環境に優しい、

今大変注目されている素材です!

詳しくは(株)アサクラのHPをご覧ください!

 以上、もち子でした🙌

 

 

素材や加工に関するご質問等ございましたら、お気軽にこちらからお問合せ下さい。

お問い合せ

 

他にも楽しい企画色々やってますので、こちらにも是非遊びに来てください。

不織布製品企画・製造・卸し売りの株式会社アサクラ

 

生分解頂上対決!PLA不織布対植物由来の生分解性フィルム、土に埋めたらどちらが先に分解するのか?!【その壱】

 こんにちは、アサクラのほつりんです。

皆さん、あの「土に埋めた」が還って来ました。 ('◇')ゞ

 前回の実験では、ただ土に埋めた通常環境では分解はしなかった(※1)PLAを、今回は何とか分解させたい!です。

(※1)1年程度の短期間では

 

「もしかして薄い方が分解しやすいのでは?」と思い、前回の実験は70gのPLA不織布を使用しましたが、今回は、40gと20gのチョット薄めの物用意してみました。あと今回はPLAと同じくサスティナブル素材として今話題の植物由来の生分解性のフィルムも埋めてみたいと思います。

 

PLAは、やはりしっかりと分解される環境を作らないとダメだという事が前回の実験から分かったので、今回はPLAが分解しやすい環境と言われるコンポストを再現してみたいと思います。

 

実験の流れ

1:温度を上げて加水分解をさせる。 短期間のに分解させるには温度55度以上、湿度80%以上必要らしいです。←これが難し(゚Д゚;) 前回上手くいかなかった原因はこれ。

2:微生物で分解させる。

 

では早速やってみましょう! ('ω')ノ

 

f:id:asakuraya:20210531113051j:plain

今回もこの飼育ケースをつかいます。

色々調べてコンポストに必要な物を準備しました。

ピートモス

・くん炭

あと微生物の活性化用に

・米ぬか

腐葉土

 

ピートモスとくん炭を入れて行きます。

f:id:asakuraya:20210531114455j:plain

 

f:id:asakuraya:20210531114936j:plain

よくかき混ぜます。(通常の植物用の土も少し混ぜてます)

 

今回も実験素材を全面の良く見える所に入れます。

f:id:asakuraya:20210531115115j:plain

植物由来の生分解性フィルム

f:id:asakuraya:20210531115618j:plain


PLA不織布 20g

f:id:asakuraya:20210531115652j:plain

 

PLA不織布 40g

 

f:id:asakuraya:20210531130921j:plain

よし!こんな感じかな (^^)

 

まずは、PLAの加水分解を目指して土を作って行きたいと思います。

上手く温度が上がってくれると良いですがどうでしょう・・・

米ぬかや場合によっては生ごみなどを入れて何とかやってみようと思います。

今後の展開に期待して今回はこんなところでお別れです。では、皆さん次回経過報告でお会いしましょう~

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

続きはこちらから↓

生分解頂上対決!PLA不織布対植物由来の生分解性フィルム、土に埋めたらどちらが先に分解するのか?!【その弐】 - 最近話題のアサクラさん (hatenablog.com)

 

 

PLAなどの素材や加工に関するご質問等ございましたら、お気軽にこちらからお問合せ下さい。

お問い合せ

 

他にも楽しい企画色々やってますので、こちらにも是非遊びに来てください。

不織布製品企画・製造・卸し売りの株式会社アサクラ

 

 

 

ショールームの模様替えをしました!

だんだん暖かくなってきた今日この頃🌸

みなさんいかがお過ごしでしょうか。

 

こんにちは!アサクラのぽろん🐶です!

 

 今日は、ショールームを模様替えしたので

その内容をご紹介したいと思います!!

今回のテーマは、ずばり!「食品包材」です。

f:id:asakuraya:20210420160232j:plain

アサクラでは創業40年を超える歴史の中で培われた、

豊富な知識と不織布のノウハウで、企画から製造まで

トータルサポートしています!

その一部をご紹介していきたいと思います。 

 

 こちらは、桔梗屋信玄餅の袋です!

な、なんと!超特大サイズの袋なんかも作れちゃいます。

縫製品なので、サイズや設計も好きな形に自由自在!

(これは展示用の見本です)

f:id:asakuraya:20210420161245j:plain

 

 

こちらは、 左から大阪で豚まんが有名な蓬莱551様の保冷バッグ!

 次に東京ピーセン様のV時抜き袋や巾着袋などが並んでいます。

中に入れる商品の内容に合わせて、形状や機能を変えられるので、

様々なご要望にお応えできます!

f:id:asakuraya:20210420162040j:plain

 

 

こちらは、左からあぶらとり紙で有名な、よーじや様の巾着付き手提げです!

保冷バッグになっていてお弁当サイズにぴったりです。

中心にあるピンクの手提げは、BREDA様のエコバッグです。

エコバッグは最近、生活必需品となり需要も高まっています。

ポリエステル素材で印刷もフルカラーで印刷可能なので、いろいろなデザイン展開がきます。

下に展示されているのは、コットンポーチや巾着です。

ここ数年、天然素材の需要も高まりつつあり、手提げ等の形状も製造可能です!

f:id:asakuraya:20210420170210j:plain

 

次に左からカルディーコーヒーファーム様の手提げです。 

印刷はシルク印刷です。柄もかわいらしいですね!🌸

その横はニューヨークキャラメルサンド様の手提げです。

不織布素材以外にも、生地の素材でも製造が可能です!

f:id:asakuraya:20210420172118j:plain

 

 

最後に食品包材ではありませんが、弊社の環境対応商品を

 ご紹介いたします!

こちらはブラシにつけて抜け毛や皮脂などの油がまとめて取れる

ブラシネットのブラッシングポイという商品です。

ずっと皆様にご愛用いただいているロングセラー商品です!

セルロース100%でできているので、静電気も起こりにくく、環境にも優しい商品なんです。

f:id:asakuraya:20210421094358j:plain

 

こちらの商品も同じく、コットン生まれのセルロース100%で作られている、

使い捨てのシーツ、シルフルです!

ソフトな風合いと清潔で爽やかま使用感が得られます。

旅行、別荘、宿泊施設などで活躍する、お肌にも環境にも優しい不織布シーツです!

f:id:asakuraya:20210421095614j:plain

 

以上、今回のショールームの模様替えはこんな感じでした!

アサクラでは今後もたくさんのご要望にお応えして

皆様のご希望にそった商品をお作りできるよう、

日々、精進してまいりたいと思います!!

 

それでは、

最後までお読みいただきありがとうございました。

アサクラぽろん🐶でした!

 

 

他にも楽しい企画色々やってますので、こちらにも是非遊びに来てください。

不織布製品企画・製造・卸し売りの株式会社アサクラ

 

 

【検証】布マスクにシールをつけて洗濯〜どれくらいもつの?

こんにちは!

アサクラのゆっけです、緊急事態宣言が解除されましたね!解除されたといっても

まだまだ油断禁物ですね...!

引き続きマスク生活は余儀なくされると思います(><)

 最近ではキャラクターをプリントした商品が発売されたり、マスク生活を楽しもう

という動きが徐々に広がってきています♪

 

アサクラでもマスクをデコレーションできるシールの企画も進行しています!

そこで今回は採用予定の布用シールの耐久性を検証してみようと思います。

 

 

 

【実験内容】

布マスクにシールを貼り付けて3回洗濯を行い、(布マスクはネットに入れて洗濯)

どのくらい粘着が保てるかどうか??

シールの種類は

Sタイプ(強粘着)粘着度★★★

Rタイプ(貼ってはがせるタイプ)粘着度★★

 

 

 

ここで1番最初の洗濯前の状態を撮り忘れるという大失態をおかしてしましましたー💧

申し訳ありません!!

また写真は在宅ワーク中に家で撮影したものなので少し見ずらいかもしれませんが

ご了承ください(><)

 

気をとりなおして洗濯1回目の状態がこちらです↓

f:id:asakuraya:20210322135125j:plain

f:id:asakuraya:20210322145043j:plain

Sシールの粘着の端部分が少し汚れていますが、2つともシールはぴったりと

くっついています!

Rシールの右側に少し空気のような浮きがありますがシール自体は四隅にしっかりとついています〜(^^)

そこまで変化は見られません、


 

 

 

 


続いて洗濯2回目はこちらです↓

 

f:id:asakuraya:20210322141150j:plain

f:id:asakuraya:20210322141216j:plain 

Rシールがだいぶ剥がれてるのがわかります、1回角の部分が剥がれてしまうとやはり弱いですね、写真ではSシールに折りじわのような線が入っていますが実際はシール自体、四隅から剥がれることなくぴったりとついたままです!

3回目、果たして最後までSシールは無事なのでしょうか、、、?

 

 

 

 

 

最後3回目の洗濯はこちらです!↓ 

f:id:asakuraya:20210322142151j:plain

f:id:asakuraya:20210322142416j:plain

残念ながらRシールは上部の隅が両方が大きく剥がれてきてしましました〜、下の隅も小さく剥がれていました。

Sシールは、、、全く影響を受けていませんでした!!

この調子ですともっと洗濯しても大丈夫そうです!

 

【実験結果まとめ】

Rシールは洗濯1回はなんとか剥がれずにいたが、2回目以降はどんどん剥がれてしまったので使い捨てマスクなどに適していると思った。毎日新しいマスクに付け替えて一週間くらい使用して捨てる感じです。

Sシールは3回洗濯しても大丈夫!みた感じもっと洗濯しても大丈夫そう、、、。

かなり長期間つけていても支障はないので布マスクなど洗濯をして使うものに適しているのではないかと思う。

 

以上マスクシール洗濯実験でした〜〜

 

またマスクシールについては随時発表していきたいと思います!

お楽しみに〜〜⭐︎

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!!

 

 

今回検証に使用したシールや、その他素材などに関するご質問等ございましたら、お気軽にこちらからお問合せ下さい。

お問い合せ

 

他にも楽しい企画色々やってますので、こちらにも是非遊びに来てください。

不織布製品企画・製造・卸し売りの株式会社アサクラ

 

【実験経過報告②】不織布で一番劣化が早いのはどの種類?

こんにちは!アサクラのもち子です!

花粉の季節になりましたが、花粉症ではないので、特に支障はありません〜!

 

さて、この実験を始めてからちょうど1年が経過しました!

途中緊急事態宣言の影響もあり、ずっと太陽を浴びせる事は出来ませんでしたが、

1年という区切りですので、どうなっているか見てみましょう!

 

実験の様子

f:id:asakuraya:20210301135930j:plain

 

f:id:asakuraya:20210301135936j:plain

 

 

 

 

 

現在↓

f:id:asakuraya:20210301140003j:plain

f:id:asakuraya:20210301135954j:plain

触った感じ、特に何も変わらず…

ずっと太陽の光を浴びているわけでは無いので、1年では特に変化が見られないですね。
 

 

 〜*。+ 〜*。+ 〜*。+ 〜*。+ 〜*。+ 〜*。+ 〜*。+ 〜*。+ 〜*。+ 〜*。+ 〜*。+ 〜*。+ 〜*。+ 〜*。+

 

 

そして、前回の経過報告で気になった日焼けですが、何と興味深いことが起こっていました。

それがこちら

 

前回の経過報告で気になった日焼け↓

f:id:asakuraya:20201012103912j:plain

f:id:asakuraya:20201012103401j:plain

 

現在↓

f:id:asakuraya:20210301141050j:plain

f:id:asakuraya:20210301142547j:plain

 日焼けがなくなっている???

原因はわからないのですが、白色になっていました!元に戻った!!!

という発見でした。

 

 1年経過しましたが、特に劣化の変化は見られませんでした。

実験はこのまま続行します。そして今後、変化があれば更新していきたいと思います!

長い実験になりますが、どうぞお付き合いください!

以上、経過報告でした!👋

 

 

 

 

PLAなどの素材や加工に関するご質問等ございましたら、お気軽にこちらからお問合せ下さい。

お問い合せ

 

他にも楽しい企画色々やってますので、こちらにも是非遊びに来てください。

不織布製品企画・製造・卸し売りの株式会社アサクラ