不織布製品企画・製造・販売の株式会社アサクラのスッタフブログ

最近話題のアサクラさん

不織布の㈱アサクラが、オススメ商品・新商品・スタッフの日常などを定期的にご紹介するブログです。

生分解頂上対決!PLA不織布対植物由来の生分解性フィルム、土に埋めたらどちらが先に分解するのか?!【その壱】

 こんにちは、アサクラのほつりんです。

皆さん、あの「土に埋めた」が還って来ました。 ('◇')ゞ

 前回の実験では、ただ土に埋めた通常環境では分解はしなかった(※1)PLAを、今回は何とか分解させたい!です。

(※1)1年程度の短期間では

 

「もしかして薄い方が分解しやすいのでは?」と思い、前回の実験は70gのPLA不織布を使用しましたが、今回は、40gと20gのチョット薄めの物用意してみました。あと今回はPLAと同じくサスティナブル素材として今話題の植物由来の生分解性のフィルムも埋めてみたいと思います。

 

PLAは、やはりしっかりと分解される環境を作らないとダメだという事が前回の実験から分かったので、今回はPLAが分解しやすい環境と言われるコンポストを再現してみたいと思います。

 

実験の流れ

1:温度を上げて加水分解をさせる。 短期間のに分解させるには温度55度以上、湿度80%以上必要らしいです。←これが難し(゚Д゚;) 前回上手くいかなかった原因はこれ。

2:微生物で分解させる。

 

では早速やってみましょう! ('ω')ノ

 

f:id:asakuraya:20210531113051j:plain

今回もこの飼育ケースをつかいます。

色々調べてコンポストに必要な物を準備しました。

ピートモス

・くん炭

あと微生物の活性化用に

・米ぬか

腐葉土

 

ピートモスとくん炭を入れて行きます。

f:id:asakuraya:20210531114455j:plain

 

f:id:asakuraya:20210531114936j:plain

よくかき混ぜます。(通常の植物用の土も少し混ぜてます)

 

今回も実験素材を全面の良く見える所に入れます。

f:id:asakuraya:20210531115115j:plain

植物由来の生分解性フィルム

f:id:asakuraya:20210531115618j:plain


PLA不織布 20g

f:id:asakuraya:20210531115652j:plain

 

PLA不織布 40g

 

f:id:asakuraya:20210531130921j:plain

よし!こんな感じかな (^^)

 

まずは、PLAの加水分解を目指して土を作って行きたいと思います。

上手く温度が上がってくれると良いですがどうでしょう・・・

米ぬかや場合によっては生ごみなどを入れて何とかやってみようと思います。

今後の展開に期待して今回はこんなところでお別れです。では、皆さん次回経過報告でお会いしましょう~

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

PLAなどの素材や加工に関するご質問等ございましたら、お気軽にこちらからお問合せ下さい。

お問い合せ

 

他にも楽しい企画色々やってますので、こちらにも是非遊びに来てください。

不織布製品企画・製造・卸し売りの株式会社アサクラ

 

 

 

ショールームの模様替えをしました!

だんだん暖かくなってきた今日この頃🌸

みなさんいかがお過ごしでしょうか。

 

こんにちは!アサクラのぽろん🐶です!

 

 今日は、ショールームを模様替えしたので

その内容をご紹介したいと思います!!

今回のテーマは、ずばり!「食品包材」です。

f:id:asakuraya:20210420160232j:plain

アサクラでは創業40年を超える歴史の中で培われた、

豊富な知識と不織布のノウハウで、企画から製造まで

トータルサポートしています!

その一部をご紹介していきたいと思います。 

 

 こちらは、桔梗屋信玄餅の袋です!

な、なんと!超特大サイズの袋なんかも作れちゃいます。

縫製品なので、サイズや設計も好きな形に自由自在!

(これは展示用の見本です)

f:id:asakuraya:20210420161245j:plain

 

 

こちらは、 左から大阪で豚まんが有名な蓬莱551様の保冷バッグ!

 次に東京ピーセン様のV時抜き袋や巾着袋などが並んでいます。

中に入れる商品の内容に合わせて、形状や機能を変えられるので、

様々なご要望にお応えできます!

f:id:asakuraya:20210420162040j:plain

 

 

こちらは、左からあぶらとり紙で有名な、よーじや様の巾着付き手提げです!

保冷バッグになっていてお弁当サイズにぴったりです。

中心にあるピンクの手提げは、BREDA様のエコバッグです。

エコバッグは最近、生活必需品となり需要も高まっています。

ポリエステル素材で印刷もフルカラーで印刷可能なので、いろいろなデザイン展開がきます。

下に展示されているのは、コットンポーチや巾着です。

ここ数年、天然素材の需要も高まりつつあり、手提げ等の形状も製造可能です!

f:id:asakuraya:20210420170210j:plain

 

次に左からカルディーコーヒーファーム様の手提げです。 

印刷はシルク印刷です。柄もかわいらしいですね!🌸

その横はニューヨークキャラメルサンド様の手提げです。

不織布素材以外にも、生地の素材でも製造が可能です!

f:id:asakuraya:20210420172118j:plain

 

 

最後に食品包材ではありませんが、弊社の環境対応商品を

 ご紹介いたします!

こちらはブラシにつけて抜け毛や皮脂などの油がまとめて取れる

ブラシネットのブラッシングポイという商品です。

ずっと皆様にご愛用いただいているロングセラー商品です!

セルロース100%でできているので、静電気も起こりにくく、環境にも優しい商品なんです。

f:id:asakuraya:20210421094358j:plain

 

こちらの商品も同じく、コットン生まれのセルロース100%で作られている、

使い捨てのシーツ、シルフルです!

ソフトな風合いと清潔で爽やかま使用感が得られます。

旅行、別荘、宿泊施設などで活躍する、お肌にも環境にも優しい不織布シーツです!

f:id:asakuraya:20210421095614j:plain

 

以上、今回のショールームの模様替えはこんな感じでした!

アサクラでは今後もたくさんのご要望にお応えして

皆様のご希望にそった商品をお作りできるよう、

日々、精進してまいりたいと思います!!

 

それでは、

最後までお読みいただきありがとうございました。

アサクラぽろん🐶でした!

 

 

他にも楽しい企画色々やってますので、こちらにも是非遊びに来てください。

不織布製品企画・製造・卸し売りの株式会社アサクラ

 

 

【検証】布マスクにシールをつけて洗濯〜どれくらいもつの?

こんにちは!

アサクラのゆっけです、緊急事態宣言が解除されましたね!解除されたといっても

まだまだ油断禁物ですね...!

引き続きマスク生活は余儀なくされると思います(><)

 最近ではキャラクターをプリントした商品が発売されたり、マスク生活を楽しもう

という動きが徐々に広がってきています♪

 

アサクラでもマスクをデコレーションできるシールの企画も進行しています!

そこで今回は採用予定の布用シールの耐久性を検証してみようと思います。

 

 

 

【実験内容】

布マスクにシールを貼り付けて3回洗濯を行い、(布マスクはネットに入れて洗濯)

どのくらい粘着が保てるかどうか??

シールの種類は

Sタイプ(強粘着)粘着度★★★

Rタイプ(貼ってはがせるタイプ)粘着度★★

 

 

 

ここで1番最初の洗濯前の状態を撮り忘れるという大失態をおかしてしましましたー💧

申し訳ありません!!

また写真は在宅ワーク中に家で撮影したものなので少し見ずらいかもしれませんが

ご了承ください(><)

 

気をとりなおして洗濯1回目の状態がこちらです↓

f:id:asakuraya:20210322135125j:plain

f:id:asakuraya:20210322145043j:plain

Sシールの粘着の端部分が少し汚れていますが、2つともシールはぴったりと

くっついています!

Rシールの右側に少し空気のような浮きがありますがシール自体は四隅にしっかりとついています〜(^^)

そこまで変化は見られません、


 

 

 

 


続いて洗濯2回目はこちらです↓

 

f:id:asakuraya:20210322141150j:plain

f:id:asakuraya:20210322141216j:plain 

Rシールがだいぶ剥がれてるのがわかります、1回角の部分が剥がれてしまうとやはり弱いですね、写真ではSシールに折りじわのような線が入っていますが実際はシール自体、四隅から剥がれることなくぴったりとついたままです!

3回目、果たして最後までSシールは無事なのでしょうか、、、?

 

 

 

 

 

最後3回目の洗濯はこちらです!↓ 

f:id:asakuraya:20210322142151j:plain

f:id:asakuraya:20210322142416j:plain

残念ながらRシールは上部の隅が両方が大きく剥がれてきてしましました〜、下の隅も小さく剥がれていました。

Sシールは、、、全く影響を受けていませんでした!!

この調子ですともっと洗濯しても大丈夫そうです!

 

【実験結果まとめ】

Rシールは洗濯1回はなんとか剥がれずにいたが、2回目以降はどんどん剥がれてしまったので使い捨てマスクなどに適していると思った。毎日新しいマスクに付け替えて一週間くらい使用して捨てる感じです。

Sシールは3回洗濯しても大丈夫!みた感じもっと洗濯しても大丈夫そう、、、。

かなり長期間つけていても支障はないので布マスクなど洗濯をして使うものに適しているのではないかと思う。

 

以上マスクシール洗濯実験でした〜〜

 

またマスクシールについては随時発表していきたいと思います!

お楽しみに〜〜⭐︎

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!!

 

 

今回検証に使用したシールや、その他素材などに関するご質問等ございましたら、お気軽にこちらからお問合せ下さい。

お問い合せ

 

他にも楽しい企画色々やってますので、こちらにも是非遊びに来てください。

不織布製品企画・製造・卸し売りの株式会社アサクラ

 

【実験経過報告②】不織布で一番劣化が早いのはどの種類?

こんにちは!アサクラのもち子です!

花粉の季節になりましたが、花粉症ではないので、特に支障はありません〜!

 

さて、この実験を始めてからちょうど1年が経過しました!

途中緊急事態宣言の影響もあり、ずっと太陽を浴びせる事は出来ませんでしたが、

1年という区切りですので、どうなっているか見てみましょう!

 

実験の様子

f:id:asakuraya:20210301135930j:plain

 

f:id:asakuraya:20210301135936j:plain

 

 

 

 

 

現在↓

f:id:asakuraya:20210301140003j:plain

f:id:asakuraya:20210301135954j:plain

触った感じ、特に何も変わらず…

ずっと太陽の光を浴びているわけでは無いので、1年では特に変化が見られないですね。
 

 

 〜*。+ 〜*。+ 〜*。+ 〜*。+ 〜*。+ 〜*。+ 〜*。+ 〜*。+ 〜*。+ 〜*。+ 〜*。+ 〜*。+ 〜*。+ 〜*。+

 

 

そして、前回の経過報告で気になった日焼けですが、何と興味深いことが起こっていました。

それがこちら

 

前回の経過報告で気になった日焼け↓

f:id:asakuraya:20201012103912j:plain

f:id:asakuraya:20201012103401j:plain

 

現在↓

f:id:asakuraya:20210301141050j:plain

f:id:asakuraya:20210301142547j:plain

 日焼けがなくなっている???

原因はわからないのですが、白色になっていました!元に戻った!!!

という発見でした。

 

 1年経過しましたが、特に劣化の変化は見られませんでした。

実験はこのまま続行します。そして今後、変化があれば更新していきたいと思います!

長い実験になりますが、どうぞお付き合いください!

以上、経過報告でした!👋

 

 

 

 

PLAなどの素材や加工に関するご質問等ございましたら、お気軽にこちらからお問合せ下さい。

お問い合せ

 

他にも楽しい企画色々やってますので、こちらにも是非遊びに来てください。

不織布製品企画・製造・卸し売りの株式会社アサクラ

 

【検証】不織布とシールの相性はどうなのかい?

こんにちは、アサクラのほつりんです。

今回は、不織布とシールの相性について検証してみようかと思います。

不織布とシールの相性は正直言ってあまり良くありません (T_T)

不織布包材の封や成分表記などで、シールを使用したい場面が多々ありますが、不織布とは相性が良くない為、すぐに剥がれてしまいます。一般的な不織布の表面にはエンボス(丸い凹凸)が有る為だと思われます。その為、自分の中では不織布にはシールが使えないという認識となっています。ただ不織布にも色々種類があるので、今回は様々な不織布でシールの相性を検証してみたいと思います。

 

本来は、粘着剤の剥離試験機なるものがあるらしいですが、弊社には無いので今回は手探りの独自検証方で行きたいと思います。

 

在宅ワーク中なので写真の質がいまいちですが、ご了承下さい。(-_-)

 

今回検証する不織布は以下の7種類です。

素材そのものもそうですが、今回は素材表面にも注目して見て行きたいと思います。

 

PP不織布

f:id:asakuraya:20210121141105j:plain

ポリプロピレン製の不織布で、もっともポピュラーな不織布です。

表面は丸エンボス

 

PET・PP和紙調不織布

f:id:asakuraya:20210121141307j:plain

ペットとポリプロピレンの複合素材です。

表面はエンボスが無くフラットです。

 

PETスパンレース不織布

f:id:asakuraya:20210121141543j:plain

ペット製で、繊維を高圧水流で交絡させたノーバイバー不織布です。

表面はエンボスが無くわりとフラットです。

 

PETケミカルボンド不織布

f:id:asakuraya:20210121141654j:plain

ペット製で、接着剤で結合させた不織布です。

表面は、エンボスはありませんが、手触りはザラザラしてます。それでも不織布の中では比較的フラットです。

 

リサイクルPET不織布

f:id:asakuraya:20210121141733j:plain

ペットボトルをリサイクルして作った不織布です。

表面は、エンボスが有りますがプレスが効いているので比較的フラットです。

 

ナイロン不織布

f:id:asakuraya:20210121141817j:plain

ナイロン製の不織布で風呂敷などに使われる薄目付の物です。

表面は、エンボスはありますが、これもプレスが効いているので比較的フラットな感じです。

 

PE不織布

f:id:asakuraya:20210121141930j:plain

ポリエチレン製のサーマルボンド(熱で溶かして結合)不織布です。

表面は、エンボスは無くフラットです。

 

おまけでコピー用紙

f:id:asakuraya:20210121142023j:plain

シールの粘着力を確認する為に特別参戦して貰いました。

 

今回は、この季節外れの謎のハロウイン塩ビシールを使用して検証したいと思います。

粘着は再剥離強粘着タイプです。

f:id:asakuraya:20210121151655j:plain


素材の上下を折ります。

f:id:asakuraya:20210121153107j:plain

 

そこにシールを貼って行きます。

f:id:asakuraya:20210121153319j:plain

 

この生地は反発が強いので、すぐに剥がれてしまいそうです・・・

f:id:asakuraya:20210121153534j:plain

 

こんな感じで全ての素材にシールを貼り終えました。

f:id:asakuraya:20210121153726j:plain

このまま1時間ほど放置して様子を見てみましょう。

 

・・・・・・

 

(-_-)zzz

 

Σ(゚Д゚)

 

1時間経ちました、様子をみてみましょう。

f:id:asakuraya:20210121154434j:plain

さすがに1時間くらいでは、変化はないですね・・・

では、あと3時間ほど放置してみましょう。

 

・・・・・・・・・

 

うー変化なし・・

f:id:asakuraya:20210121160218j:plain

近くで見てもこんな感じです。

さすがに放置してるだけだは剥がれてこないですね。

リサイクルPET不織布などの折りに対して反発の強い生地は、すぐに剥がれてしまうかと思いましたが、思ったより頑張ってますね (*´з`)

では実際にシールを剥がしてにて粘着具合を確認して行きましょう。

ここからは、あくまでも感覚的な話になってしまいますが、ご了承下さい。

 

粘着力の評価は、3段階です。A>B>C

A:紙やフィルムなどと比べると遠く及ばないですが、用途を絞れば使える。

B:用途次第では使えるかな?程度で、力の掛からない場所なら・・・・

C:なんとか張り付いている状態、力を掛けると直ぐに剥がれる程度。

 

PP不織布

f:id:asakuraya:20210121161702j:plain

取り敢えずくっついてる感じで、剥がそうとすると簡単に剥がれます。

表面が毛羽立つ事もなく、取り敢えずくっついてるといった感じです。

想定通リの結果ですね。もっともポピュラーな不織布の為、不織布にシールは貼れないという認識の一番の原因だと思われます。

粘着力:C 弱い

 

PET・PP和紙調不織布

f:id:asakuraya:20210121171009j:plain

わりとしっかりくっついています。剥がそうとしないと剥がせない感じです。

封としては物足りないですが、成分表記等なら及第点といったところでしょうか?

包材の季節のイベントラベル(ハロウイン)等なら有りですね。

粘着力:B まあまあ

 

PETスパンレース不織布

f:id:asakuraya:20210125095934j:plain

かなりシッカリくっついています。最低限シールとしての役割は発揮してくれそうです。

生地が柔らかいので、剥がすときに少し伸びてしまいました。

粘着力:A 良い

 

PETケミカルボンド不織布

f:id:asakuraya:20210125103859j:plain

 PP不織布同様シールとの相性は良くないようです・・・

簡単に剥がれてしまいます。包材に貼るイベント等のシールならありですが、陳列中に剥がれてしまう可能性もあります。

表面がザラついているのが原因だと思われます。

粘着力:C 弱い

 

リサイクルPET不織布

f:id:asakuraya:20210125105815j:plain

 それなりにくっついている感じです。極端に力が掛からなければ問題無さそうです。エンボスがフラットタイプなのが良さそうです。封としては心もとないですが、相性はそんなに悪くない感じです。

粘着力:B まあまあ良い

 

ナイロン不織布

f:id:asakuraya:20210125111305j:plain

表面がフラットな為、思ったよりくっついています。シールとして最低限の仕事はしてくれそうです。封などには少し心もとないですが、それなりにくっついている為相性はそこまで悪くはないですね。

もう少し強くくっついくれれば、包装紙代わりの用途に使えたりするので残念です。

粘着力:B まあまあ

 

PE不織布

f:id:asakuraya:20210125113728j:plain

こちらはあまり相性が良くなさそうです。全くダメという程ではないですが、エンボスがフラットタイプにしては、くっつきが今一つです。とりあえずくっついているといったところでしょうか?

表面の滑りが良いのが影響してる気がします。

粘着力:C 弱い

 

おまけのコピー用紙

f:id:asakuraya:20210125131429j:plain

剥がすさいに貼り付けた紙が少し破ける程のくっつき具合でした。当たり前ですが相性は良好です。

粘着力:S とても良く、不織布と次元が違うので特別にSを上げます。

 

 

結果

シールとの相性が良い素材上位3つ

※コピー用紙を除く

 

1位 PETスパンレース不織布 A

2位 PET・PP和紙調不織布 B

3位 リサイクルPET不織布 B

 

今回のシールでの個人的な感想ですが、上記の結果となりました。

 

今回検証した素材でやはり紙を超える相性の物は無かったです。やはり不織布は紙に比べると、どれもパッケージ封などに使用するには、少し不安があるというのが素直な感想です。検証で使用したシールよりも粘着力の強いシールも世の中には沢山あるので、探せば不織布と相性の良いシールがあるかもしれません。

もっと良いシールを見つけたら、また検証してみたいと思います。

最後まで、ありがとうございました。

 

 

素材や加工に関するご質問等ございましたら、お気軽にこちらからお問合せ下さい。

お問い合せ

 

他にも楽しい企画色々やってますので、こちらにも是非遊びに来てください。

不織布製品企画・製造・卸し売りの株式会社アサクラ

 

 

 

 

 

 

 

 

不織布って実際どこで使われてるの? 日常の中で見つけた不織布製品たち!

こんにちは!アサクラのぽろんです🐶

 

最近、不織布(ふしょくふ)と言う文字を、

マスクなどで目にする機会も増えてきたと思いますが、

その他に不織布ってどんな場面で使われているのでしょうか?

 

ということで、

今日は、私の日常の中で見つけた不織布商品

ご紹介していきたいと思います!

 

まずは、普段お弁当入れに使っている保冷バッグ!

f:id:asakuraya:20201203164137j:plain

続きまして、コートやスーツを購入した時によく目にする、ガーメントbag。

不織布は通気性もよく、汚れやほこりをガードするのに最適です。

f:id:asakuraya:20201203164233j:plain

レストランで配られた子供用不織布製前掛け。犬のキャラクターが印刷されていてかわいいですね!食べこぼし用に下の方にポケットが付いていました!

f:id:asakuraya:20201203165544j:plain



これからの季節にピッタリ!ラッピング用の巾着!

印刷がカラフルで受け取った時にワクワクしますよね☆

f:id:asakuraya:20201203164838j:plain

お正月のおせちのお重箱を包む不織布製の風呂敷も見かけますね。しっとり華やか〜🌸

f:id:asakuraya:20201203164935j:plain

寒くなってきたので最近ふとんを購入。ふとんが収納されていた袋です。

f:id:asakuraya:20201215093738j:plain

長年使っている椅子の裏面。こんなところにも不織布が使われていたんですね〜

f:id:asakuraya:20201215093857j:plain

 

 

こうやって見ていくと、「こんなところも?!」

という感じで、様々な場面で意外と使われていますよね。

 

メインの素材ではなくても、商品の一部になっているものもあったりして、

私たちの日常の中にそっと溶け込んでいたりしました!

 

「ところで不織布って紙じゃないの?」
と思われている方が多いかと思いますが、紙ではなく、生地に近い存在です。 

ですが不織布はその名の通り、通常の生地と違って、糸を織って製造されていないので、

断裁した場所から糸がほつれたりしません。

余計な処理をせずに低コスト・時短で作れるのがメリットなので、

生産性が高いのも特徴のひとつです。

 

日常の中で、ちょっとだけ身の回りの商品を覗いてみると

まだまだ発見があるかもしれません!

これからも、不織布が使われているものがあったら

ご報告していきたいと思います!

 

以上、ぽろん🐶でした!

 

 

素材や加工に関するご質問等ございましたら、お気軽にこちらからお問合せ下さい。

お問い合せ

 

他にも楽しい企画色々やってますので、こちらにも是非遊びに来てください。

不織布製品企画・製造・卸し売りの株式会社アサクラ

 

砂のように崩れる巾着について

こんにちは!アサクラのゆっけです。

毎年のことですが、11月も後半になり1年が経つ速さに衝撃を受けております。

 

今回はとても珍しい

砂のように崩れる巾着の怪奇?現象についてご紹介したいと思います。

この現象を私が新人の頃に見た時にめちゃくちゃびっくりした思い出があります。

 

それが、、、

こちらの巾着です!! 

 

f:id:asakuraya:20201125105430j:plain

 

もうすでにボロボロですが、、、 

 

こちらの巾着は弊社ショールームで飾っていたものです。

おそらく6、7年は経っているであろうもの、、、もっと経ってるかも

 

触れようとすると、、、

 

f:id:asakuraya:20201125105503j:plain

f:id:asakuraya:20201125105642j:plain

 

 

 

なんと、ちぎれました!

まるでわたあめのような感触です!!(個人差あり)

ちょっと面白い 

 

さらに触れていくと、、、f:id:asakuraya:20201125110342j:plain

 

 

 

f:id:asakuraya:20201125110403j:plain


どんどん崩れていき、粉になっていきます、、、

 

 

f:id:asakuraya:20201125110420j:plain

 

おそらく日に当たっていたり年数が経っているため

生地の成分が劣化し、このような現象が起きると思われます、、!!

 

 

別の種類の巾着でもこのようになるものと、

ならないものがあり、その違いは何なのか、、、

色や日当たりの状況など、、、??

まだ解明できていないのですが、

この謎は引き続き追っていきたいと思います!!

 

ただこちらの砂のように崩れる現象は、おそらく年数が経っていたり

日に当てていたりという

条件が重なって起きているものなので

新しい商品にはこの現象は一切起きませんので、ご安心を!!!

 

 

また、不織布ならではの現象を見つけたらご紹介していきたいと思います〜

 

不織布で一番劣化が早いのはどの種類?というこちらの記事もありますので

ぜひご覧ください〜

asakuraya.hatenablog.com

 

最後まで読んでいただきありがとうございました〜^^

 

 

 

素材や加工に関するご質問等ございましたら、お気軽にこちらからお問合せ下さい。

お問い合せ

 

他にも楽しい企画色々やってますので、こちらにも是非遊びに来てください。

不織布製品企画・製造・卸し売りの株式会社アサクラ