不織布製品企画・製造・販売の株式会社アサクラのスッタフブログ

最近話題のアサクラさん

不織布の㈱アサクラが、オススメ商品・新商品・スタッフの日常などを定期的にご紹介するブログです。

土に埋めたPLA(ポリ乳酸)不織布って、どれくらいで分解されるのか?いま壮大な実験がスタートした!

 

アサクラでは環境素材としてPLA(ポリ乳酸)不織布を積極的に使用しています。主にスポーツイベント等で、環境に配慮した手提げ袋として好評を得ています。

そんなPLAですが、土に埋めるとバクテリアなどの微生物によって分解されて土に還ると言われてますが、実際にどれくらいの期間で土に還るのでしょうか?

ネット等で色々調べてみましたが、まだ検証途中だったりとかで、結局よく分からなかったです・・・(実際分解するまで数年掛かるみたいです!)

こうなったら仕方がないので、自分たちで実際に実験してみる事にしました! 

f:id:asakuraya:20181010113540j:plain

 こうしてアサクラ史上最大!数年がかりの壮大な実験がスタートした・・・

 

PLAだけでは面白くないので、色々と一緒に 埋めてみる事にしました。 

60mm×60mm角にカットして、昆虫用の飼育ケースに埋めます。

f:id:asakuraya:20181010114002j:plain

PLA(ポリ乳酸)不織布 70g/㎡ 右

紙(レーザープリンタ用) 67g/㎡ 左

f:id:asakuraya:20181010114206j:plain

キャプラ長繊維不織布(コットンリンター100%) 40g/㎡ 右

コットン生地 270g/㎡ 左

f:id:asakuraya:20181010114239j:plain

ナイロンスパンボンド不織布 20g/㎡ 右

ポリプロピレンスパンボンド不織布 20g/㎡ 左

計6種類です。

土は園芸用を使用しました。(バクテリアに何となく良さそうなので)

 

では早速シートを埋めていきましょう!

f:id:asakuraya:20181010114813j:plain

シートをケースの側面に貼り付けて土に埋めてきます。

f:id:asakuraya:20181010115328j:plain

 無事に埋まりました (^_^)/

f:id:asakuraya:20181010115647j:plain

 バクテリアが元気に育つように水もあげます!

f:id:asakuraya:20181010131242j:plain

こちらは、早くも分解が始まっているのではないかと錯覚する程、土になじんでます(*'▽')

 

こんな感じで、計6種類完成です。

f:id:asakuraya:20181010131655j:plain

f:id:asakuraya:20181010131731j:plain

f:id:asakuraya:20181010132045j:plain

PLA(ポリ乳酸)不織布

今回の主役、生分解性不織布です。トウモロコシ等のデンプン・糖質の天然高分子を原料にして合成された繊維です。

f:id:asakuraya:20181010132206j:plain

紙(レーザープリンタ用)

オフィス使われている普通のレーザープリンタ用の紙。

f:id:asakuraya:20181010132549j:plain

キャプラ長繊維不織布

原料は、コットンリンター100%で、繊維同士の自己接着力を利用したノーバインダー製法の連続長繊維不織布です。一番早く土に還りそうな気がする・・優勝候補の一角。

 

f:id:asakuraya:20181010132611j:plain

コットン生地

主に手提げ袋などで使われている生地です。天然繊維なので、こちらも早く分解しそう。生地が厚いのが気になりますが、やってくれそうな期待感はあります。

f:id:asakuraya:20181010132522j:plain

ナイロンスパンボンド不織布

世界で唯一のレア物です。吸水性のある合成繊維で、とてもソフトな風合いが売りの不織布ですが、あくまでも合成繊維なので・・・

f:id:asakuraya:20181010132446j:plain

ポリプロピレンスパンボンド不織布

もっと一般的な不織布です、世界中に溢れてます。こちらは吸水性は無く、もっとも期待が持てない存在となってます(-_-;)

 

 長期戦覚悟の企画なので気長にやっていきたいと思います。

定期的にご報告しますので、お楽しみに!